ジェット(Jet)は、オーストラリア出身のバンド。

彼らが2003年に発表した「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」(Are You Gonna Be My Girl)は、冒頭からえらくかっこいい。

バックの演奏なしでボーカルが歌う部分は、フー(The Who)の往年の名曲「マイ・ジェネレーション」(My Generation)を彷彿とさせます。

ストレートなロックにパンク風味が加わった、聴き手を元気にしてくれる一曲です。

最近の曲にしては珍しく3分ちょっとで終わるという潔さ。

これは60年代のロックに通じるものがあるようにも感じます。

本作は、バンドの出身地オーストラリアのチャートでは21週連続してチャートインするという記録を達成。

また、イギリスでもチャート16位にまで上るというヒット曲になりました。

アメリカ映画「ユーロトリップ」など幾つかの映画サントラに収められた他、CMでも使用されるなど様々なフィールドで注目されたキャッチーな作品でした。