ジョン・レノン(John Lennon)の作品「インスタント・カーマ」(Instant Karma)をU2がカバーしている!

それだけでも自分にとっては十分に面白い出来事でした。

その昔、U2のボーカリスト、ボノ(Bono)を初めて見た時に「この人、なんとなく若い頃のジョンに似てる・・・」と思ったことがあって。

今はまったくそんな風には思いませんが、そのボノがジョンの曲をカバーする日が来るとはその時にはまったく想像もしませんでしたからね。

U2カバーバージョンの「インスタント・カーマ」は、オムニバス・カバーアルバム「Instant Karma」の中に収められた一曲。

U2の他に、R.E.M.、エアロスミス、レニー・クラヴィッツ、アヴリル・ラヴィーンといった有名アーティストたちがそれぞれジョンの曲をカバーしています。

発売されたのは今から10年前の2007年。

もうけっこう時間が経っていたのですね。

「インスタント・カーマ」は、1970年にジョンがプラスティック・オノ・バンド(Plastic Ono Band)名義で発表した最後のシングルカット曲で、「カルマ=因果」について歌われた作品です。

「We all shine on!」(俺たちはみんな輝いている)とシャウトするジョンがクールでかっこいい。

U2がこれをカバーしてくれて良かったと思います。