その昔、「新御三家」と言われた男性アイドルたちがいました。

郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎。この3人のことです。

「新」とつくからには、それ以前に「御三家」という人たちがもちろんいたわけですが、こちらの方は、橋幸夫、西郷輝彦、舟木一夫・・・というメンツで、ある年齢より上の方がたでなければ、おそらく出てこない名前でしょう。(私含む)

新御三家の3人は、現在もそれぞれのポジションで歌手活動をされています。

その中で郷ひろみは、還暦を過ぎた人とは到底思えない若々しさが特に目立つすごい人。

先日テレビで「ハリウッド・スキャンダル」を歌う彼の姿を見て、「この人すごいわ〜」と改めて感心しました。

デビューした時は、中性的でキュートなところが魅力的だった彼ですが、今はセクシーな大人の雰囲気で魅せてくれます。

個人的に「ハリウッド・スキャンダル」(178年)は、彼の持ち歌中最も好きな作品。

歌のバックに流れる演奏もゴージャスで、メロディラインも歌謡曲としてはかなり垢抜けたセンスが感じられます。

変わらぬ若さは、きっとご本人のストイックな努力の賜物なのでしょう。

歌にもさらに磨きがかかった彼のさらなる進化に期待しています。