いわゆる隠れた名曲のひとつ。

金井夕子という歌手がいたこと自体、知らない人が多いのではないでしょうか。

この曲を作詞作曲したのは、尾崎亜美。

彼女自身によるバージョンもありますが、この曲に関しては、金井夕子バージョンの方がずっと良いように思います。

もちろん曲の出来がとても良いのは尾崎亜美の才能のたまもの。

まったく無理のない自然なメロディラインで、とても気持ち良く聞くことができます。

発売されたのは1978年。

たしか、当時その知的で清楚な佇まいが受けたのか、東大生が支持するアイドルとして彼女がマスコミに取り上げれられていたことを覚えています。

今聞いてみても歌唱力がありますね。

実際当時の他のアイドルたちとはかなりカラーが異なっていたようです。

落ち着いたアルトボイスで、ヒット曲といえばこれしかなかったのが惜しい人だと思います。

最近「あの人は今」的な番組に出演したとか。

現在はお店を経営するかたわら、ヨガの講師もやっていらっしゃるそう。