寒い夜に聴くと、ほっと心落ち着くような美しい旋律のイージーリスニングです。

しかし美しいタイトルとは裏腹に、もともとこの曲はアルコール中毒になった夫婦を描いた映画の主題歌でした。

「酒とバラの日々」(Days of Wine and Roses)は、1962年に公開されたアメリカ映画。

主演は名優ジャック・レモン(Jack Lemmon)と、リー・レミック(Lee Remick)で、酒によって人生を翻弄されるカップルが何度も立ち直るチャンスを与えられながら、次第に家庭が崩壊していくというかなりシリアスな内容の映画でした。

ヘンリー・マンシーニにはたくさんの素晴らしい作品がありますが、この曲はジャズのスタンダードナンバーとしても愛されていて、特に有名なのがオスカー・ピーターソン・トリオ(Oscar Peterson Trio)のバージョンでしょう。

ジャズ版の方は、マンシーニ版に比べてモダンで都会的な雰囲気になっています。