今回取り上げた曲は、私が個人的に「ヒトカラ」でかなりの頻度で歌うから、というだけの理由で選出しました(笑)

ヒトカラならでは、の選曲と言えますね。とても人様に聴かせられるようなもんじゃありませんので。

最後の方になると、もうへとへとになり、声もかすれてきて大変。それだけにこういう歌を最初から最後まで変わらぬ声で歌い切ることのできる歌い手さんってすごい、といつも思います。

「六本木心中」は、アン・ルイスが1984年に発表したシングル曲。

タイトルにある六本木、は歌詞の中には出てきませんが、内容を聞けば夜の六本木を舞台に繰り広げられる恋模様であることが察せられます。

覚えやすいメロディラインと力強いロックのリズムがパンチの効いたアン・ルイスの歌声にベストマッチしていましたね。

作詞は私の長年の憧れ、湯川れい子氏。