ブロンドの長い髪と青く大きな瞳、そして口元のホクロがセクシーなお姉さま、リンジー・ディ・ポールLynsey de Paul。彼女はイギリス出身の歌手です。

さしずめ今なら「美しすぎる⚪︎⚪︎」などと形容詞をつけて語られるだろう、そんな魅力に溢れたシンガーでした。

ここで取り上げた「シュガー・ミー」は、彼女の小悪魔チックで少し陰のあるムードを最大限に生かした作品です。

ささやくような、いわゆるウィスパリングヴォイスがとてもセクシーでした。

この曲はなぜでか昔からとても好きで、音源が手に入った時はすごく嬉しかったですね。

日本では、「恋のウー・アイ・ドゥ」という曲の方がよく知られているようですが、こちらの方はフィル・スペクター・サウンド(アレンジに特徴のあるウォール・オブ・サウンド)へのオマージュ作品となっています。

ただ美しいだけでなく、知性派でもあり、なおかつ恋多き女性でもあったリンジー。

女としてありったけのものを手に入れた人と言えますが、生涯独身を貫き、2014年に急逝しています。