「エスペシャリー・フォー・ユー」( Especially for You 1988)は、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)とジェイソン・ドノヴァン(Jason Donovan)によるデュエットソングです。

カイリーもジェイソンも当時大人気だった歌手。

母国オーストラリアでふたりが共演したテレビドラマを見ていた視聴者から「デュエットソングが聞きたい!」という要望が高まり、実現したコラボだったそうです。

この曲は限りなくスイートでハッピー。

聞いているだけで、思わず笑みがこぼれてくる。

そんなキラキラしたハッピーな色に満ち溢れています。

ですから結婚式で流されることが多いとも言われています。

たしかにハッピーオーラ全開なので、ぴったりですね。

1980年代に「ユーロビートの女王」として一時代を築いたカイリー。

この曲はそれまでの彼女のイメージだった「セクシー」や「明るさ」とは一味違った魅力を引き出していたように思います。

一方のジェイソンは、カイリーとは幼馴染の関係。

カイリー同様、80年代には、大プロデューサー、ストック・エイトキン・ウォーターマン(Stock Aitken Waterman)に見出されて、主にイギリスのヒットチャートで活躍しました。