「セロリ」は、SMAPが1997年に発表したシングル曲です。

個人的にSMAPの作品の中で一番好きな曲。

作曲者・山崎まさよしバージョンもありますが、SMAPバージョンの方に圧倒的に親しみを感じます。

何だろう。

輝き?とでも言えばいいのでしょうか、イントロを聞いた瞬間から、キラキラしたみずみずしい感覚に溢れているんですね。

各メンバーの歌声は、いつもながらの和気藹々ぶりを感じさせ、聞いていると必ず一緒に口ずさんでしまう。

そんな楽しさを持っています。

「育ってきた環境が違うから、すれ違いは否めない」という冒頭の歌詞から、「そうだよね!」と引き込まれ、「流行りが好きだったり、そのわり古風なとこあったりするのね」という歌詞では「うんうん」とうなづき、「なんだかんだ言ってもつまりは単純に君のこと好きなのさ」というくだりでは、「違う部分もひっくるめて、全部好きなんだね」とおもわず微笑ましくなる。

楽曲のアレンジもとっても気に入っています。